乾燥の原因と対策について

こんにちは、美容・健康マニアのひなたです。

前回のテーマは、肌荒れの原因と対処法についてでしたが、今日のテーマは乾燥についてす。

冬に乾燥するのはどうして?

そもそも、どうして冬になると乾燥が気になるんでしょうか。

冬の乾燥は空気の乾燥によるものですが、どうして空気が乾燥するかというと、大気中には目に見えない水分が含まれていますが、湿度によって量に差があるためなんです。

湿度が低くて気温の低い冬は、多くの水分を含むことができないため、乾燥してしまうのです。

また、空気は暖めると乾燥しますが、冬って暖房を使いますよね。乾燥している冬の大気は、暖房によって更に乾燥を進めているわけなんです。

 

乾燥 原因 対策

 

保湿をすることが大切

乾燥する季節は、しっかり保湿をするようにしましょう。手にハンドクリームを塗ったり、化粧下地の段階で保湿力の高いものを使ったりして、できるだけ乾燥しないようにしてあげる必要があります。

 

冬でもしっかり水分補給をする

実は保湿と言うのは肌だけしても意味がないんです。息をしているだけでも身体の水分は奪われているからです。そのため、冬でもしっかりと水分補給をすることが大事になります。

 

乾燥すると風邪を引きやすくなる

乾燥した状態が続くと風邪をひきやすくなってしまいます。理由は、喉の粘膜が乾燥することで炎症を起こしやすくなるため、ウイルスを防ぐ力が衰えてしまうからです。

風邪のウイルスは、湿度が高ければすぐに地面に落ちますが、湿度が低く乾燥した状態だと空気中を漂います。乾燥する季節は、うがいをこまめにするようにしましょう。